FXに関する記事の記載されているWEBサイトで、時々「マーチンゲール法」という言葉を見ることがあります。マーチンゲール法は賭け事の世界では昔から使われている手法であり、日本の博打にもあります。テレビの時代劇の賭博のシーンで、1両賭けて負けると2両賭け、2両でも負けると4両賭ける商人がいます。これがマーチンゲール法であり、日本では「難平(ナンピン)」と呼ばれています。

●マーチンゲール法の賭け方
マーチンゲール法というのは簡単に言うと、勝つまで倍掛けすることです。例えば、1,000円から賭け始めて5回目まで連続して負け、6回目に勝ったとします。この場合、賭けた金額は以下になります(カッコ内は累計負け額)。
・1回目:1,000円(-1,000円)
・2回目:2,000円(-3,000円)
・3回目:4,000円(-7,000円)
・4回目:8,000円(-15,000円)
・5回目:16,000円(-31,000円)
・6回目:32,000円(+1,000円)

6回目に勝った時の利益は最初に賭けた掛け金分(1,000円)だけです。この利益は20回目に勝っても、50回目に勝っても変わりません。そして、9回負け続けたとすると、10回目の掛金は512,000円になります。

●マーチンゲール法のメリットとデメリット
マーチンゲール法のメリットは「絶対に勝てる」ということです。勝つまで賭け続けるため、最後は勝ちます。賭け事は確率が全てです。理論上では、10回連続して負ける確率は約0.1%(1,000回に1回)でしかありません。要するに、いつかは必ず勝つというのがマーチンゲール法の原理です。

マーチンゲール法のデメリットは、費用対効果が悪過ぎるということです。負け続けた時のリスクは膨大なのに、勝った時のリターンは初回の掛け金だけです。

●マーチンゲール法に必要なこと
マーチンゲール法に必要なことは資金と度胸です。
1.資金
マーチンゲール法では、前記の例のように1回目の掛け金は1,000円にしか過ぎませんが、5回負けただけで32,000円になり、10回目になると512,000円にまで膨らみます。仮に、1万円から始めた場合、10回目には512万円を賭けなければなりません。つまり、高額な資金が必要です。

2.度胸
資金よりも、もっと重要なのが度胸です。負け続けた時の恐怖に打ち勝つ度胸が必要です。

●FX取引におけるマーチンゲール法のやり方
FX取引でのマーチンゲール法は、以下の手順で行います(レバレッジは無視)。例えば、米ドル/円の為替価格が1ドル:110円0銭だった時に、1,000通貨を購入したとします。
1)為替価格が1ドル:109円50銭に下落した場合は損切りし(500円の損失)、109円50銭で2,000通貨を購入します。
2)109円0銭に下落したら損切りし(累計1,500円の損失)、109円0銭で4,000通貨を購入します。
3)108円50銭に下落したら損切りし(累計3,500円の損失)、108円50銭で8,000通貨を購入します。
4)109円0銭に値上がりすると、1回目の取引で得られたはずの500円の利益が出ます(4,000円-3,500円)。